ハートフォード日本語学校について

ハートフォード日本語学校 (THE JAPANESE LANGUAGE SCHOOL OF GREATER HARTFORD) は、毎週土曜日の午前、West Hartford, CTで授業をしています。日本語補習校と呼ばれることもあります。

ハートフォード近郊に住む日本語を話す子供たちを対象に日本語と日本文化の学習をサポートしています。平日はアメリカの学校で学びつつ、各ご家庭での日々の日本語学習を週に一度この学校で補習指導するのが私たちの主な役割です。平日のアメリカ現地校での教育を受けるという得がたい経験と、本校での日本語教育のサポートを通して、国際性豊かな人間の育成をめざしたいと考えています。

より学び易く楽しい環境を創ることで子供たちと保護者の方々の日々の努力を支え、またご家庭での学習の基礎をつくるお手伝いができるものと考えています。更にハートフォードという比較的小さなコミュニティーを考える時、子供を通して日本語を話す人たちが集まる場を作り、教育のみならずコミュニティーのお手伝いができるよう活動しています。

本校は、1989年に10家族ほどが寄り集まり、地元関係者のご好意を受けつつ、自助努力の組織として設立されました。保護者が自分の子供を教える時間と労力を持ち寄り、お互いによその子弟を教えるという「交換授業」から出発しました。学校の教育面でも、運営面でも、わが子の教育に熱意を持った保護者にまさる人材は得がたいという精神はいまも受け継がれています。さまざまな方々のご協力・ボランティア、そして保護者の皆様のご協力を得て、教育活動を維持充実させていきたいと考えています。